*

梅雨はホタルの季節

公開日: : 雑記

梅雨はホタルの季節

街中でホタルを鑑賞できる場所は限られますが、まだまだ探せばあるようです。

先週末、幹線道路脇の住宅街を流れる有栖川(京都市右京区)でホタルを鑑賞してました。住宅街の中を流れる川ということもあって、乱舞とまではいきません。それでも、たびたび車のライトに邪魔されながらも、綺麗なホタルの光を鑑賞することができました。

年々数は減っているようですが、京都市内の住宅街でホタルが鑑賞できる場所としては貴重です。地域でホタルを増やそうという取り組みもしているようですので、頑張ってほしいですね。

KBF14YG0022_1405301735

梅雨の季節、6月はゲンジホタルとヒメホタル、7月はヘイケホタルと、少し時期がずれて順番にホタルが鑑賞できます。地域によっても時期はずれますが、沖縄から北海道までほぼ全国各地にホタルは生息しているようです。

月明かりのなかポワ〜と緑色に光るあれですね。

強く光り、弱く光り、長く光り、短く光り…ジメジメした日が多い梅雨の季節の風物詩です。

最近では、各地のホタル出現傾向というのをウェザーニューズ社が毎年発表しています。地域ごとに気象状況を分析して、ホタルが羽化するタイミングを予測していますので、参考になりますね。

 

ゲンジとヘイケ

日本に生息するホタルは確認されているだけで10種を超えます。でも、一般的に知られている名前は、ゲンジホタルとヘイケホタル、それにヒメホタルくらいではないでしょうか。

ホタルにつけられたゲンジとヘイケの名前。由来を調べてみると、確かなことは分らないようですが、諸説ある中でも源氏物語の光源氏に由来する説と清和源氏に由来する説が一般的なようです。

hotaru_0003

『平家打倒の夢破れ、無念の最期を遂げた源頼政の思いが夜空に高く飛び舞う蛍に喩えられた。 平家に破れた源頼政が亡霊になり蛍となって戦うと言う伝説があり、「源氏蛍」の名前もここに由来している。
また、腹部が発光する(光る)ことを、「源氏物語」の主役光源氏にかけたことが由来という説もあり、こちらの場合は清和源氏とは関係はない。違う種類のホタルが、清和源氏と対比する意味で「ヘイケボタル」と名づけられたという説もある。』(via Wikipedia ゲンジホタル )

どちらの説もなんとなくロマンチックな感じがするのでいいですね。それに、由来が複数あってもぜんぜんかまわないと思います。

特に京都の南部に位置する宇治市は、光源氏にも清和源氏にも由来がある地。好みの由来を思い浮かべながらホタルを鑑賞するのもまたオツなものかもしれませんね。

10433374_522202207885358_675131853_o

 

雑学

日本ではごく限られた地域でしか見られませんが、秋に羽化するアキマドボタルや真冬に羽化するイリオモテボタルなどの種もいるので驚きですね。

 

 

 

 

 

関連記事

思考するオフモード時間

日常生活のなかでは思考を巡らすことができないことがあります。 そんな時でも、環境を少しかえるだけで

記事を読む

かぶりつき戦闘車両

電車に乗るときはいつも戦闘車両の一番前。 前方の運転席と車窓を眺めながら立って乗るのが日常です

記事を読む

[本] わたしはあなたのこんなところが好き。 堀川波著

「 わたしはあなたのこんなところが好き。 」 堀川波 著 ポプラ社 2002年8月   恋

記事を読む

コメントをお願いします。

Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

優勝したい! 〜T-岡田選手とのテーブルトーク

第1回Bs EXTRA Party(平成28年12月11日)でのT-岡

来シーズンはライト狙う! 〜小田裕也選手とのテーブルトーク

第1回Bs EXTRA Party(平成28年12月11日)での小田裕

来シーズンの登場曲は日替わり⁈ 〜西野真弘選手とのテーブルトーク

第1回Bs EXTRA Party(平成28年12月11日)での西野真

オフシーズンのお楽しみ! 第1回 Bs EXTRA Party

プロ野球は、日本シリーズが終わると急に話題が少なくなって寂しい季節に。

田口壮オリックス・バファローズ二軍監督がチームを変える

昨夜のオリックス・バファローズの田口壮二軍監督をお迎えしての食事会。プ

→もっと見る

PAGE TOP ↑