*

Facebookメッセージに新スタンプ「やだね!」登場!

公開日: : 最終更新日:2014/01/10 Faebook , , ,

Facebookメッセージに新スタンプ登場!

1484871_452626184842961_503888605_n

Facebookメッセージがこのほどのアップデートされ、ロディーシリーズなどの新登場に混じって、「やだね!」シリーズのスタンプの提供が開始されました。

 

メッセージスタンプは徐々に充実されてきており、現在では数多くのスタンプシリーズが無料でダウンロードできるまでになっています。そのため、スタンプを利用して相手に感情を伝えやすくなり、LINEのような使い方ができるようになりました。

FacebookがLINEに対抗するためにスタンプの充実を急いできたということなのでしょう。

 

新スタンプは本当に「やだね!」?

そもそもこのスタンプ、「やだね!」という名称ではないようです。

いろいろ探してみましたが、正式に“「やだね!」スタンプ”として紹介されている公式ページは見当たりませんでした。

(もし正式な名称を紹介しているページがありましたら教えてくださいね!)

「やだね!」なのか「嫌い!」なのか「よくないね!」なのか、それとも他の表現なのか…

そこはあえてユーザーが自由な発想で利用できるように、ということなのでしょうか。

 

対話形式のFacebookメッセージだからこそ、「やだね!」に限らない表現として、いろいろなシチュエーションで利用できそうですね!

02_588x

「やだね!」ボタンは必要?

今後いつかは実装されるかもしれない「やだね!」ボタン。ソーシャルネットワークの中でも実名登録を基本とするFacebookのサービスにおいて、ネガティブ表現となるこのボタンは本当に必要なのでしょうか?

すくなくとも、私はほとんど利用しないと思います。だって、お友達がせっかく投稿した記事に対してわざわざネガティブな反応をする必要性を感じないからです。そんな記事はスルーすればいいだけです。

 

ただ、使い道がないわけではありません。以前Facebookの機能として利用できた「クエスチョン」アプリ的な使い方としての利用は大いに考えられます。

投稿記事で、二者択一形式の問いかけに対する反応を、「いいね!」と「やだね!」で投票してもらうという使い道ですね。

Aのほうがいいと思えば「いいね!」Bのほうがいいと思えば「やだね!」を押してください!というふうに問いかけることで、反応を表現してもらうことが可能です。

 

以前から、Facebookの投稿記事などにに対して「Hate!」や「Dislike!」ボタンの導入などが検討されていると話題になっていましたので、今回のFacebookメッセージへのスタンプ採用は、今後、投稿記事に対する新ボタン設置のための実験的採用ということで間違いないでしょう。さらに、ごく最近では「Sympathize」ボタンが検討されているという話題も…

というわけで、今後の行方に注目です。

 

See you !

121202facebook

 

関連記事

Facebookの楽しみ方はこの本で学べ!

「Facebookバカ 友達を365日たのしませる男の活用術」    

記事を読む

Facebook Messengerに新機能登場。グループ作成機能がうれしい!

1. Facebook Messenger iOSバージョンがVer4.0にアップデート 。 iO

記事を読む

FacebookのiPhoneアプリに新機能 ヘッダー画像がスクロールできる!

FacebookをiPhoneで楽しむときに利用するのがFacebookのiPhoneアプリ。

記事を読む

コメントをお願いします。

Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

優勝したい! 〜T-岡田選手とのテーブルトーク

第1回Bs EXTRA Party(平成28年12月11日)でのT-岡

来シーズンはライト狙う! 〜小田裕也選手とのテーブルトーク

第1回Bs EXTRA Party(平成28年12月11日)での小田裕

来シーズンの登場曲は日替わり⁈ 〜西野真弘選手とのテーブルトーク

第1回Bs EXTRA Party(平成28年12月11日)での西野真

オフシーズンのお楽しみ! 第1回 Bs EXTRA Party

プロ野球は、日本シリーズが終わると急に話題が少なくなって寂しい季節に。

田口壮オリックス・バファローズ二軍監督がチームを変える

昨夜のオリックス・バファローズの田口壮二軍監督をお迎えしての食事会。プ

→もっと見る

PAGE TOP ↑