*

[書評] 「ワンピース世代」の反乱、「ガンダム世代」の憂鬱

公開日: : 最終更新日:2014/04/28 Book Review ,

41cHHEyShVL._SS400_
私は漫画を読んだり見たりすることがすっかりなくなっていた。社会人になってからは自分で漫画を買うこともなくなり、読んだ記憶もほとんどない。嫌いなわけじゃない。小学校から中学、高校時代にかけて、たくさんの漫画を買い、あるいは借りて読んだ。もちろん、テレビ放送もたくさん見ていた。ちょうど小学生から中学生になる頃だろうか、「ガンダム」に出会ったのは。後にいわゆる“ファーストガンダム”といわれる、ガンダム初期の作品であった。

最近ある方のブログでこの作品、『「ワンピース世代」の反乱、「ガンダム世代」の憂鬱
』(鈴木貴博 著 朝日新聞出版)のことを知った。私はワンピースという漫画のことをタイトル以外に何も知らない。しかし、「ガンダム世代の憂鬱」という、郷愁をさそう響きとなんとも不安定な感覚が同居するようなタイトルが、私の心の奥底にしまっていた何かを揺さぶった。通常本を買う場合はタイトルだけでなく、内容、著者、発売日、そして目次などをそれなりに見て買うかどうか判断する。しかし、本書だけは違った。読まなければいけないという脅迫観念にも似たような感覚に支配され、タイトルを見て1分も経たないうちにamazonで注文してしまっていた。

 

1971年生まれの私の場合、著者の鈴木氏によればぎりぎりガンダム世代ということになるらしい。いや、そんなことを言われなくても、本書を読んでいれば自分がどちら側の部類に入るかは明らかだ。

 若手と呼ばれた時期は労基法など顧みずに働いた。睡眠時間を削り、身体の不調を伴いながらも、彼らは「会社がやられちまえば、病気だ怪我だって言えるかよぉ」と、必死で出社した。

 

 

本書の書評は多くの方々がブログなどに掲載されていらっしゃるので、いまさら駄文を新たに加えるつもりはない。

ただ、ガンダム世代の一員として本書を手に取ったものの一人としては、願わくば一人でも多くのガンダム世代に読んでほしいと思う作品である。

世代論を展開する場合の必然性として、極端なステレオタイプ化と対比という手法があり、これが読者にとってしっくりこないとまったく面白くない作品となってしまう。そういう観点から、残念ながら本書は非常に限られた読者にしか受け入れられない作品なのかもしれない。

 

関連記事

[書評] 読書は「アウトプット」が99%

読書はいろんな知識や情報をインプットするためのものだとばかり思っていたのですが、それでは1%しか読書

記事を読む

[書評]「外食の裏側」を見抜くプロの全スキル、教えます。

外食産業とのつき合い方 子どもがいる家庭なら、外出先でファミリーレストランに入ることはよくあること

記事を読む

[本] わたしはあなたのこんなところが好き。 堀川波著

「 わたしはあなたのこんなところが好き。 」 堀川波 著 ポプラ社 2002年8月   恋

記事を読む

サラリーマンだから不自由というのは時代遅れ

~~二年前に出会った立花岳志さんの著書「サラリーマンだけが知らない好きなことだけして食っていくための

記事を読む

[書評]サラリーマンだけが知らない 好きなことだけして食っていくための29の方法 立花岳志 著

1.サラリーマンに向けた人生を輝かせるための指南書 立花岳志さんは、No Second Life

記事を読む

[書評]脳を最大限に働かせるルール 苫米地英人著「人生を劇的に好転させる自己洗脳ルール44」

アタマを鍛えてますか? 頭の鍛え方にもいろいろありますが、脳のスペックをアップする方法

記事を読む

[書評] これからの日本、経済より大切なこと

ダライ・ラマ14世、名前は一度くらい聞いたことがあるだろうか。 チベットの元指導者であり、チベ

記事を読む

[書評]アタマのいい子が育つパパの習慣

タイトルに魅かれた訳じゃなけれど、気がついたら買ってました。帯には「子育てを終えたパパは読まないで下

記事を読む

戦争は日常の延長にある。[書評]となり町戦争 三崎亜記 著

 僕たちの世代というのは、戦争というものの実体験もないまま、自己の中に戦争に対する明確な主義主張を確

記事を読む

[書評]そろそろ日本の全世代についてまとめておこうか。田中稲 著

大正時代から100年あまりの時代を100の世代に分類して紹介しているのが本書「そろそろ日本の全世代に

記事を読む

コメントをお願いします。

Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

優勝したい! 〜T-岡田選手とのテーブルトーク

第1回Bs EXTRA Party(平成28年12月11日)でのT-岡

来シーズンはライト狙う! 〜小田裕也選手とのテーブルトーク

第1回Bs EXTRA Party(平成28年12月11日)での小田裕

来シーズンの登場曲は日替わり⁈ 〜西野真弘選手とのテーブルトーク

第1回Bs EXTRA Party(平成28年12月11日)での西野真

オフシーズンのお楽しみ! 第1回 Bs EXTRA Party

プロ野球は、日本シリーズが終わると急に話題が少なくなって寂しい季節に。

田口壮オリックス・バファローズ二軍監督がチームを変える

昨夜のオリックス・バファローズの田口壮二軍監督をお迎えしての食事会。プ

→もっと見る

PAGE TOP ↑