*

コミュニケーション能力は、相手と自分の違いを認めることでアップする

公開日: : 最終更新日:2014/04/27 氣質学

〜コミュニケーション能力アップのための4つのステップ:第三ステップ〜

コミュニケーション能力アップの方法として、これまでに自分を知ることと相手を知ることをみてきました。
次は、相手と自分の違いを認めるということについてです。
042

 

1.コミュニケーションの基本は意思の疎通

コミュニケーションの定義を今更確認するまでもないのですが、意思の疎通を図ることが最も基本であるのことに違いはないでしょう。意思の疎通とはつまり、自分が相手に伝えたいことを正確に伝え、相手が自分に伝えたいことを正確に受けとめること。

シンプルなことなのですが、これがなかなか難しいのです。

  • 言いたいことははっきりしてるんだけど、相手がちゃんと理解してくれるように伝えるにはどんな表現で伝えればいいのかわからない…
  • あの人の言うことは間違ってないんだけど素直に聞き入れられない…
  • 誤解されることが多くて困ってしまう…

こんなこと日常生活でも良くあることだと思います。いずれも意思の疎通がうまくできていないことから起きることばかりです。では、コミュニケーションの基本である意思の疎通を上手にできるようになるためのステップ、「相手と自分の違いを認めることでアップする」をみていきましょう。

 

2.相手の意思をいかにして読み解くか

まず始めに、相手の意思をいかにして読み解けばいいのかを考えてみます。

通常、人は本来の自分とは違う、外に向かって表現する自分でコミュニケーションをはかろうとします。つまり、多くの場合本来の自分とはズレが生じています。いま私がみているあなたは、おそらく本来のあなたの姿とは違っているでしょう。いまあなたがみている私は、おそらく本来の私の姿とは違っているでしょう。

もちろんどちらの姿も同じという方もいますが、多くの方は違っているものなのです。でも、どちらがいいとか悪いとかということではありません。ここでは、違うということを知ることが大切なのです。相手が伝えようとしている言葉、伝えるための表現、あるいは仕草などは、相手が外に向けて表現していることなのです。相手本来の思いそのものとは言えません。

そのまま受け止めてしまうと、相手が本当に言いたいことや伝えたいことを正確に受け止めていないかもしれません。ここで大切なことは、外にむかって表現している相手ではなく本来の相手がどのような人物なのかということです。そして、それを理解した上でどのように伝えてこようとしているのかという、そのズレを理解しながら受け止めることが重要になります。

 

3.自分の意思をいかにして伝えるか

相手の意思をいかにして読み解くかがわかれば、自分の意思をいかにして伝えるかということも自ずと理解できるでしょう。そうです、相手の立場に立って考えるということです。相手に見えている自分は、自分本来の姿ではなく外向きの姿であることが多いわけですから、常にココを気にしておかなければいけません。

つまり、伝えたいことと伝わり方のズレがないかどうかということ。そして、相手が理解しやすいよう相手に合わせた伝え方をしているかどうかということ。論理的な考え方を好む相手に対してイメージで伝えようとしても伝わりませんし、その逆もまた同じ結果になります。

相手が受けとめやすい伝え方で伝えることもまた大切です。

IMG_0352

 

4.氣質学を使ってみる

コミュニケーション能力の向上を考えるときには自分と相手を知ることが大切ですということを書いてきましたが、実のところ一人一人の分析をすることは容易ではありません。できる限り簡単に分かりやすく、そしてコミュニケーション能力の向上につながるような方法でなくては意味がありません。

そこで利用してみたいのが「氣質学」です。

「氣質学」とは、もっとも当たると世界で認められている四柱推命が基礎の統計学で、沖縄で生まれた学問です。あまり知られていませんが、教育現場や企業でも利用されるようになって来ているようです。「氣質学」では、ヒトが背負った自然界からの唯一の宿命ともいうべき誕生の日を利用して、運命的にヒトが備え持つタネの部分を氣質として統計的に分析します。そのため、誕生後の環境や教育などを通して形成される性格(個性)を分析したり、将来を占ったりすることはできません。もちろんDNAのようなものもわかるわけではありません。

でも、この「氣質」は侮れません。ヒトが形成されていく時のタネですから、これを知ることはすなわち、そのヒトを知ることに繋がるのです。コミュニケーション能力の向上に「氣質学」を具体的にどのように利用するのかということは次回のブログでご紹介します。

 

 

5.コミュニケーション能力は、相手と自分の違いを認めることでアップするプする

いままで見てきた様に、コミュニケーション能力の向上のためには、自分と相手の違いをしっかりと理解して認めたうえで意思の疎通を図ることが大切です。自分と相手とは同じではない、違うのだということを認識するのです。そう、あきらめるのです。

あきらめる = あきらかにして + 認める

すべてはここからです。

0281.jpg

 

 

【関連記事】
コミュニケーション能力アップのための4つのステップ
コミュニケーション能力は、自分を知ることでアップする(第一ステップ)
コミュニケーション能力は、相手を知ることでアップする(第二ステップ)
コミュニケーション能力は、相手と自分の違いを認めることでアップする(第三ステップ)
コミュニケーション能力は、氣質学を学ぶことでアップする(第四ステップ)

関連記事

コミュニケーション能力は、自分を知ることでアップする

〜コミュニケーション能力アップのための4つのステップ:第一ステップ〜 1.はじめに コミュニ

記事を読む

コミュニケーション能力アップのための4つのステップ

進学や就職または転居などで環境が大きく変わることの多いこの季節。新しい人間関係に悩んでいるという方の

記事を読む

7月4日、大阪・京都同日開催決定!!【はじめての氣質学セミナー ~じぶんを知れば人生は楽しい~】

「氣質学」は沖縄発の統計学。その基本から、ビジネス・恋愛・子育て等への活用イメージまでを学びます。ま

記事を読む

コミュニケーション能力は、氣質学を学ぶことでアップする

〜コミュニケーション能力アップのための4つのステップ:第四ステップ〜 1.氣質学ってなに? 肉体

記事を読む

コミュニケーション能力は、相手を知ることでアップする

〜コミュニケーション能力アップのための4つのステップ:第二ステップ〜 1.はじめに コミュニ

記事を読む

コメントをお願いします。

Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

優勝したい! 〜T-岡田選手とのテーブルトーク

第1回Bs EXTRA Party(平成28年12月11日)でのT-岡

来シーズンはライト狙う! 〜小田裕也選手とのテーブルトーク

第1回Bs EXTRA Party(平成28年12月11日)での小田裕

来シーズンの登場曲は日替わり⁈ 〜西野真弘選手とのテーブルトーク

第1回Bs EXTRA Party(平成28年12月11日)での西野真

オフシーズンのお楽しみ! 第1回 Bs EXTRA Party

プロ野球は、日本シリーズが終わると急に話題が少なくなって寂しい季節に。

田口壮オリックス・バファローズ二軍監督がチームを変える

昨夜のオリックス・バファローズの田口壮二軍監督をお迎えしての食事会。プ

→もっと見る

PAGE TOP ↑